1. HOME
  2. SDGs
  3. CO2削減量報告

CO2削減量報告【最新情報】

2024年4月更新

2024年2月の「管洗浄プラス」施工によるCO2削減量は、 42,834kg でした!


スギの木換算: 約3,060本分 が1年間に吸収するCO2量に相当します。

(参考:「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省、林野庁資料)


CO2削減量の測定スタート(2021年2月)から現在までで、 累計452,828kg(スギの木換算:約32,359本分) のCO2を削減しています。

CO2削減量推移表

⇒2023年 CO2削減量の推移表
⇒2022年 CO2削減量の推移表
⇒2021年 CO2削減量の推移表



企業活動におけるCO2排出量削減への取組み

配管イメージ

フジクスは、環境に配慮した施工サービス・衛生商品の推進など、環境負荷低減を企業経営の重要テーマとして取り組んで参りました。


「今あるものを廃棄しないで、可能な限り長く使う」
という企業コンセプトの下、高圧洗浄によって可能な限り配管交換(=廃棄)をしないで済むよう、排水管設備の延命に注力しております。


特に、環境・衛生を重視した「除菌・消臭洗浄工法 管洗浄プラス®においては上のグラフのとおり、施工によって削減できた温室効果ガスを数値化し、 お客様に対しても、施工仕様書・報告書等に環境への影響(CO2削減量)を理解しやすい形で提供することによって、社員のみならずお客様と一体となって「脱炭素社会の実現」を目指します。

⇒SDGsへの取組みについて


地域支援センターへ除菌消臭水を寄贈

低CO2高圧洗浄車による環境配慮型排水管洗浄

当社の低CO2高圧洗浄車による環境配慮型排水管洗浄サービスは、川崎市の「低CO2川崎ブランド'13」認定を頂いております。

このサービスによって削減できたCO2量を社会還元すべく、「低CO2高圧洗浄車による施工物件数=除菌消臭水AQ200のボトル数」へと換算して、地域の支援センターへ寄付する試みを2021年から毎月続けております。


コロナ禍を経て、生活の中には感染症の対策が欠かせない日常となりました。今後も除菌水の寄贈活動を続けるべく、環境配慮型排水管洗浄サービスの施工提案を続けて参ります。

⇒2021年11月・寄贈活動News


事業内容

PAGE TOP